賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸物件と住まいに関する話題、荷造りに工夫を施すアイデア。

お引越しにおける、トラブルとして有名なものがあります。それは荷物の迷子というトラブルです。どうしても引越に不慣れだと、荷物を無くしてしまうというトラブルに遭遇しやすいものです。適当に家財道具を詰め込んでしまう事も多く、引越し先で、紛失や破損に気づく場合も多々あります。家電製品や大事なコンピューター機器が紛失してしまう事態は、大きなピンチです。前もって、荷造りの段階で、工夫を凝らし、荷物の迷子対策を施したいところです。定番のアイデアですが、家族別に段ボール箱を用意する等、しっかりと持ち主事に、荷物を区分するという方法がなかなか効果的です。梱包する本人が、自覚を持って梱包作業を進めれば、自ずとミスは減りますし、どの製品がどの段ボール箱に梱包されたか、記憶に刻まれる事でしょう。また荷造りを終えた段ボール箱には、マジックやサインペン・マーカー等を使って、箱詰めした製品の名前などを明記しておけば、完璧です。

最近では賃貸マンション物件を利用して、一人暮らしを始める女性や若者も大勢いており、デザイナーズマンションやリーズナブルなシェアアパートに移り住む人々も珍しくありません。賃貸であれば引越の手間もコストも掛かりませんし、気軽に住まいを変える事が出来ます。

その他、おすすめのページ

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.