賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸への引越しのときの手続きの注意点について

近所から近所へ引越しする場合ですと、それほどバタバタしません。賃貸であろうと、持ち家だろうと同じことです。しかし遠距離への引越しとなると、そういうわけにはいきません。特に家族で、旦那さんの転勤に合わせての転居となると、荷造りはもちろんのこと、色々な手続きが大変です。この時気を付けたいのが、子供が小学校以上の場合には、早めに転向の意志を伝えることです。公立の小学校や中学校へ転校するとなると、色々な手続きが必要となってきます。転校前の学校から、転校する学校へいくつか書類を送る必要があります。また、ちょうど学年の変わり目に転校する人が多いのですが、早めに転校する学校へ連絡しておかないと、教科書などといった必要なものが揃わないことがあるので、注意が必要です。

そしてもうひとつ気を付けたいのが、住所変更です。賃貸へ引越ししたらすぐに住所変更をします。そしてその時役所で、変更した住民票を1通とってきます。もし免許所があるのならば、その足ですぐに免許証の住所変更をしておきます。この時住民票と免許証が必要となります。免許証は、顔写真付の身分証明証となるので、免許証が住所変更されていると、色々その他の手続きが行いやすいです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.