賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸物件から新居へ引越しする際の注意点。

これまで暮らしていた賃貸物件から、新しい住まいに引越しをされる際に最も注意しておかなければならないのは「新居での生活に必要不可欠である最低限の荷物は、事前に別個に分けておかなければならない」という事です。

今まで住んでいた所と、新しい新居の距離があまり離れていない場合であれば、それほど問題はありません。しかし、遠距離の引越しとなると、荷物は当日中には届かず数日後に届く事になるからです。ですので、最低限必要な物はちゃんと予め抜き取っておきましょう。新たに数日間生活するために必要な物を買い揃えなければいけなくなってしまいますので、無駄な支出が増えてしまいますよ。

また今まで住んでいた部屋というのは、最後に不動産会社や大家さんが借主立会いの元、一緒に部屋の状態を確認する事になります。その日までに借主は部屋の荷物は全て無くした状態にしておかなければなりません。確認後部屋の鍵も返還する事になりますので、当然二度と入る事は出来なくなってしまいます。あと電気や水道にガスといった公共料金の引越し手続きは意外に面倒です。引越し期日が迫ってからやるのではなく、最低でも一週間ぐらい前には完了させておくようにしましょう。

その他、おすすめのページ

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.