賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸物件に引っ越す際の手続きに関する注意点

賃貸物件への引越しが決まったら引越準備とともに様々な手続きが必要になります。特に、ライフラインに関するものは引越し前と引越し後に手続きが必要になるものが多いため、注意が必要です。引越し先ですぐに通常の生活を送るためにも手続き漏れがないようにチェックすることです。

引越し前には、市区町村役場にて転出届の手続きが必要になります。また、引越し先の市区町村役場での手続きには、この転出証明書が必要になるため紛失しないように注意が必要です。電気・ガス・水道などライフラインに関するものの引越し手続きも連絡が必要になります。余裕を持って1、2週間前には終わらせておくと安心できます。また、これらは引越し後にも使用開始の手続きが必要になります。インターネットプロバイダーに契約している場合は、引越し手続きが必要です。引越し先によっては、エリア外になってしまう場合や別途工事が必要になり引越し後すぐに使用できない場合もあるため事前確認が必要です。引越し後には、14日以内に転入届の手続きをする必要があります。また、引越し先での挨拶や転居通知などをする人もいます。他にも、免許証や通帳、保険など住所変更手続きが必要なものは速やかに済ませておくことです。

その他、おすすめのページ

RECOMMEND

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.