賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸物件へ引越しする時に注意すること

持ち家などではない限り、多くの人は賃貸アパート、賃貸マンションなどへ引越しをする事があるものです。引越しをする時には、色々と忘れてしまいがちな事もあるので、気をつけなければならないことについて、ここではまとめて書いていきたいと思います。

まずは引越しが決まった時点で、大家さんや不動産屋さんに引越しをする旨を早めに伝えることが大切です。賃貸契約書を読み直してみるとわかることですが、借主は退去をする1ヶ月前などには、貸主に退去をする事を報告して知らせておく義務があるので、つまり早めに伝えておけば引越しの日取りを決めることも簡単になる訳です。役所などへの届出も、忘れてしまいがちなことですが、特に転入届については、引越しをしてその町に住んでから何日以内に届けるというように、期限があることもあるので、引越し作業で忙しいまま役所に行くことを忘れることの無いように気をつけておきましょう。テレビの受信料などについても、住所が変わることで請求書が届かなくなるような事が無いように、住所の変更届をします。銀行、クレジットカード会社、お店などのポイントカードなどに記載している住所についても変更をしなければなりませんので、自分の身の回りの事全般について忘れずに確認しておきたいものです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.