賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法

賃貸の引越しの荷造りにはコツがあります

主人の転勤で賃貸生活が長く、引っ越しも何度も経験してきました。その中で引っ越し作業をスムーズにさせるには、荷造りがとても大事だということに気が付きました。そこで、何度も経験した引っ越し作業から得た荷造りのコツをお話ししたいと思います。

まず、引越しが決まると業者から大・中・小のさまざまな段ボールを受け取ると思います。そこで注意する点は、荷物を入れた時の段ボールの重さです。大きい段ボールに重たいものを入れると、いくつもの段ボールを重ねて出し入れする引越し業者の方を困らせることになります。大きさはさまざまでも、段ボールの総重量をできるだけ均等になるように心がけましょう。そうすると、業者の方でもリズムよく荷物の出し入れができるようになります。そして荷物を入れた段ボールでは、面倒でもできるだけ一か所にまとめておきましょう。そうしておくことで業者の方が、段ボールの総数を判断しやすいですし、そうすることでトラックに積み込みやすいからです。

また、荷造りの最中にいるもの、いらないものの仕分けをすることはやめましょう。引越しは荷造りだけでなく、手続きや友人との別れの時間をもったりすることも多く時間を取られがちです。荷づくりの最中に仕分けまで始めてしまったらいつまでたっても終わらない状態になってしまうからです。そうならないためにもできれば普段からいるものいらないものの仕分けを行っておくといいですね。これらのコツを抑えれば、引越しの作業がだいぶ短縮し、スムーズな引越しができると思います。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸へ引越し、荷造りを効率よくやる方法.All rights reserved.